OUR FOOD

GROCERY ~NFのグロッサリー~
2020-12-08 04:59:27
心のネイバーフード
心のネイバーフード

 

これだけで、食べ物が美味しくなる。

焼き野菜やお肉にちょこっとかけるだけで、もう十分なのです。

ギネルはそんな少し贅沢な、南フランスのワインビネガーです。

 

たかが調味料、されど調味料。

それ一つで料理の味も、食卓の笑顔も、1日の気分も変わるのだと思います。

 

しかし私たちがこれを扱うのは他の理由もあります。

 

私たちはこの女性醸造家ナタリー・エールさんを心のネイバーフッドだと思っているのです。

それはつまり、距離は離れていても、気持ちや目指している方向性は同じ、仲間のような感覚ということ。

 

実はこのワインビネガー、ワインの醸造の過程で酢酸発酵してしまい、ワインとして販売できないものを買い取り、自然界にある天然の酢酸菌の作用でワインヴィネガーにしているのです。しかも古来から伝わる伝統的な方法で。

 

「昔ながらの作り方」そして「無駄になるものを、いい商品に変える」ことは私たちも目指していることでもあるため、とても尊敬しているのです。

 

古いものを守りながら、できる限り無駄を出さないようにする。

そんなところになぜか母性を感じるのです。



 

しかし、小規模生産であり、工業的に規格化されていないため、同じ商品がまた入ってくる可能性は低いです。見方を変えると、一期一会ということ。大きな店舗では扱いづらいですが、だからこそ私たちのような小さなお店が紹介する価値があると思うのです。

 

あと、あえて遠くのものを紹介するのは、食卓の彩りになるからだと考えています。

 

 

例えば、ワインは水を一滴も使っていない。ぶどうがその土地の水を吸い上げてできています。

その土地に行かずして、その土地を楽しめるのです。

それと同じで、遠くのものを頻繁に食べる必要はないのかもしれないけど、

それを作っている人の想いやテロワールを楽しみ、

世界の反対側に同じことを思っている人がいることを知ることで、勇気をもらったり、

自分たちがやっていることが間違っていないと思えるのです。

 

ロマン。っていうと大げさかも知れないけど。

そんな気持ちで紹介しています。

 

ネイバーフードではこの商品のように、心から共感して紹介したいものがたくさんあります。

お店に来られた際にはお気軽にお尋ねください。

そこに素敵な食との出会いがありますように。

 

 

1