News

2022-05-18 17:22:00
オープンして、夏が来たら丸8年になりますが、ずっとネイバーフードって
何屋さんですか?と聞かれて、一言でうまく言えなかったり、通りががりの
お客様にも何屋さんかわからないと言われることがよくあって、何か一目で
わかるようなイラストがあるといいなぁと常々思っていました。

281945836_5077092732372769_6741658108293503173_n.jpg

そして、昨年スタッフを通じてご縁のあったイラストレーターMaho Iwanagaさんに、
ネイバーのイメージのイラストを書いていただきました。
いくつか書いていただいて、どれもステキで、かわいすぎて、3種類使わせて頂くことに!

食や暮らしを楽しく、ワクワク感じられるようなイラストです。
シールや保冷バッグ、よく使うペーパーバッグのスタンプに、これから登場します。
どうぞお楽しみに!!
281858105_5077092739039435_391823116433128526_n.jpg 282317659_5077092735706102_3777501634306469187_n.jpg
mahoさん、本当にありがとうございました!
@mahotim
@rififi_studio
2022-05-12 13:56:00

今年から、日常の中にある無駄をなくし、環境への負荷を減らせるような小さな選択を
ネイバーフードをご利用いただく皆さんと一緒に、OUR CHALLENGEの中で取り組んで
きています。
そこにもうひとつ新しいテーマを作りました。

今回は、使い捨てのラップを少しでも減らすことができる ミツロウフードラップの
ご紹介と販売スタートのご案内です。
お店の営業の中では、衛生面で使える場面と使えない場面があるので、100%ミツロウラップを
使用しているわけではないのですが、ご家庭では導入していただきやすいのではと
思いますので、ぜひ日々使っているラップのことをもう一度見直してみてくださいね!


BEES WAX FOOD WRAP 
ミツロウフードラップは、ミツロウの抗菌性、保湿性を天然素材でできた、
繰り返し使うことができる環境に優しい食品保存用のラップです。

thumbnail_30D61B41-4EDD-4CF9-B273-C7029586F81C.jpg

【使い方】
手のぬくもりでラップ同士をくっつけるように使用します。
野菜の切り口や、おむすび、サンドイッチを包む、容器のカバーにも。

thumbnail_C7C128BB-AD0E-43F0-8983-6495EC77A63A.jpg thumbnail_4E542CBD-C49D-47C7-98B4-FECDF5936D68.jpg

thumbnail_BBF5EA5F-3CAB-4039-A63C-B75347D1A891.jpg thumbnail_177BA272-817C-4600-8B1A-8F162CBC3C7C.jpg 

thumbnail_279C6ED9-C724-412F-BE2D-3B6424E3BC43.jpg 

【使用上の注意】
◇ミツロウは60℃以上になると溶け出します。洗うときは、水かぬるま湯で洗って下さい。
汚れがひどい時は、スポンジに食器用の洗剤を泡立てて、そっと洗って下さい。
◇直射日光を避けて、高温の場所や、火気には近づけないでください。
◇食洗機・電子レンジ・オーブン・直火・高温・冷凍室では使用しないでください。
◇肉や魚などの生鮮食品には、直接触れないように容器等に入れてからカバーとしてご使用下さい
◇蜂蜜にアレルギーのある方および1才未満の乳児に、直接的に使用しないでください。
◇手作業での加工のためサイズや表面にムラができる場合がありますこと、ご了承ください。

 <原材料>
ミツロウ
(神戸市北区いなだ養蜂園さんのミツロウです。いなだ養蜂園さんからは地元の蜜源の蜂蜜を
仕入れさせていただいておりますが、ミツロウも分けていただきました!)
ホホバオイル(オーガニック)
植物樹脂(松脂)
コットンの布

今回はお試し価格 1平方センチ ¥2+消費税(10%)で販売します。
ミツロウラップを使ったことのない方は是非一度お試しいただけたらと思います。 

粘着性は使用頻度にもよりますが、1年くらいはもちます。
くっつきが悪くなった時や、自分の手持ちの布で作りたい方にむけて、
ミツロウフードラップDIYタブレットも追って、販売予定です。



*2019年12月発売『天然生活』で作り方をご紹介させていただきました。
この頃から商品にしたいと思っていたのですが、ずいぶん時間がかかってしまいました(^^;
またみんなで作るワークショップができるといいなぁ…

80687896_2504683426326858_1400466875334262784_o.jpg 80458050_2504683469660187_6247071193782812672_o.jpg

2022-05-07 15:35:00

毎月おすすめのデリをピックアップしてお届けするMonthly SET。
お渡し方法は、店頭で、または配送で真空パックのクール便でのお届けとなります。
お一人様分くらいの量になります。
*写真の2品に+一品小さな野菜デリがついて3品でお届けします

①ミートボールの白ワイン煮込み
香味野菜を白ワインと野菜だしで煮込みました。
さっぱりした、優しいあじわいです。

原材料
玉ねぎ、人参、セロリ、じゃが芋、にんにく、白ワイン
ミートボール(豚ミンチ、パン粉、野菜だし、牛乳、香辛料)

279179130_979117409463068_2291500597292977274_n.jpg

②ビーツのサラダ
ローストしたビーツと野菜をドレッシングで和えています。
原材料
ビーツ、レンズ豆、プチトマト、赤玉ねぎ、ワインビネガー、菜種油、香辛料、塩
※野菜は変わることがあります

279753345_992229018163777_1223960890410568511_n.jpg


③野菜の日替わりデリ
季節のお野菜をつかったデリ

278807367_1818390105020570_7610085163033126857_n.jpg

お渡し日(発送日)製造のおまかせになります

*お届け可能な曜日は、木曜日~日曜日となります
*お届けの2日前までにご予約ください。
*配送でのお届けの際には、冷蔵での配送となり、配送料プラス,、クール代金500円かかります。

旬の野菜をたくさん使った、化学調味料無添加のお惣菜です。
お家で、ゆっくりワインなどと一緒にお楽しみいただけたらうれしいです。

webshop → clic

お電話でもご予約承ります。
0783816727


その他、ご予算に応じて、お惣菜のセットのご予約承っております。
店頭でお引き取り頂ける際には、姉妹店ワインショップジェロボアムから
料理に合わせたワインをご用意しておくことも可能です。
お気軽にご相談ください。

2022-05-03 07:16:00

いつもおいしいお豆腐を仕入れさせていただいている原商店さんのおからを使って
グラノラを作りました。
豆腐を作るときに出る、豆腐の搾りかす“おから”は、とても大量で食用としては使い切れず、
多くが産業廃棄物として処理されます。
少しでもおからを活用できればと、おからブラウニーに続いて、おからグラノラを作りました。
食物繊維が特に豊富で、大豆イソフラボン、タンパク質、カルシウムなども含むおからを使った
朝ごはんにもピッタリなアイテムです。
牛乳やヨーグルトに入れて、またそのままつまんで食べていただけるようゴロゴロしたグラノラに
仕上げています。

279306954_1930614817110650_6965242162832528062_n.jpg

279368142_320856556832097_1241955256071047356_n.jpg 278696334_522407722768487_1258829234121103007_n.jpg

そして、少しでもお求め頂きやすいように、量り売りでお届けしたいと考えています。
ぜひお手持ちの瓶や容器、袋などご持参ください。

店頭では、瓶、袋代込みの値段で販売もしております(瓶は返却いただけましたら、
瓶代はお返しいたします。袋は返却不可)
278871780_309287328050792_191779158977722812_n.jpg 279113390_1200378177371935_3516800406769828863_n.jpg

おからグラノラで、楽しくゼロウェイスト、プラフリーを目指す一歩になればと思っています!
ぜひお試しくださいね!

◆原材料
おから、オートミール、ブラウンシュガー、きび糖、菜種油
ココナッツ、カシューナッツ、アーモンド、カボチャの種、ヒマワリの種、
クランベリー、レーズン、ナツメグ、塩

◆価格
量り売り容器持ち込みの場合 ¥350/100g
150g瓶入り ¥580(内瓶代¥50)
100g紙袋入り ¥380

 

2022-05-01 13:25:00

気にかかることが、次から次へと起こり、心が落ちつかない中、
最近は、本当に小さなことに喜びを見つけるように心がけています。
今日見つけた小さなうれしいことは、店の前のビルベリーに
小さな鈴のようなお花が咲き始めたこと。
278446525_3221600668109802_6867716746828145383_n.jpg

世界が大きく変わっていこうと、まずは自分の、自分たちのまわりの
暮らしや小さな喜びを大切に、毎日を重ねていきたいと思います。

5月もどうぞよろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...